公務員

「仕事が出来ない・・・もう辞めたい」と感じている新人公務員に向けて

  1. HOME >
  2. 公務員 >

「仕事が出来ない・・・もう辞めたい」と感じている新人公務員に向けて



役所に入って3か月がたちますが、入って間もない新人職員はいかが過ごされているでしょうか。

もう仕事には慣れましたか?職場になじめずもう辞めよう、と思ったりしていませんか?

個人的にはやはり最低でも1年程度最初に配属された部署で自分の向き・不向きについて考えてほしいのです。

この記事では、

  • 今年は入庁された新人公務員が仕事にうまくできない・・・
  • 思っていたこととやりたいことがギャップがあり、仕事をもう辞めたい

と考えている新人公務員に向けて、働き方の工夫を教えたいと思います。

とにかく人に聞きまくって、しっかり休みをとって、それでもダメなら異動を待とう!

スポンサードサーチ

人に頼ろう!

中堅職員と新人職員とを比較して、圧倒的に新人職員が勝っているところがあります。

それは、人に聞きまくっても怒られないということです。

これは仕事をする上で、最大にして最強の武器です。

人に聞くことは全く恥ではありません。何か仕事に悩みがあれば、ガンガン聞きましょう。

私の経験的に、新人時代にもっといろんな人に聞けばよかったと後悔しています。

恥や人目を気にせず分からないことを遠慮なく聞けるのは新人の特権です。この機会を逃すと少し恥ずかしい思いをしなが年下の職員に教えてもらったりすることもあるので、分からない!と仕事に煮詰まったなら、迷わず周りの職員に質問してみましょう。

周りの先輩が忙しそうだから・・・とか、人に聞くのが恥ずかしい・・・とか思うこともあるかもしれません。

確かに聞くタイミングについては気を付けた方がいいですが、

むしろ、

「嬉しい、後輩に頼りにされている!」

大抵の先輩職員はウェルカムなので、

分からないことをため込まず、相談してみて全然オッケーです!

仕事において「分からないことをうまく周りの職員に聞く」という点は、今後役所人生を乗り切っていくための最大のポイントです。

人に聞くときは自分の意見も持つようにしておこう!

何でも聞けるのが新人の特権という話をしましたが、

無闇矢鱈と人に聞きまくるという意味ではありません。

重要なポイントは、

人に聞く際には、必ずある程度自分で調べたり、自分なりの意見を持っておくようにしましょう。

自分で調べたり、やってもいないことをガンガン聞くようでは、

自分の頭で考えない主体性のないヤツと評価されがちです。

必ず自分の力である程度まで仕事の内容を調べたり、ある程度根拠を持ったうえで先輩職員のアドバイスをもらったり、指導してもらうのが大切です。

有給休暇を積極的に取ろう!

有給は積極的にとるようにしましょう!

新人で真面目であれば真面目であるほど

「周りの先輩は全然有給とってない中、自分が有給をとったら申し訳ない」

みたいな考えを持っています。

ズバリ言いますが、それは誤りです。残念ながら周りの職員は「新人が有給をとること」についてそこまで気にしていません。むしろ取ってくれ!と思ってます。若い世代が有給を積極的に取れる職場こそ本当の意味で風通しのよい職場ですし、通常の職場であれば、周りの先輩職員もこういう職場を心の底から望んでいるからです。

有給をとることを暗黙に否定する職場や人も一部存在するみたいです。このケースでは自分の成長はなく負担を押し付けられるだけなので、そういう考えを持っている職員とはあまり付き合わないようにしましょう。

有給をとると仕事のメリハリがつきます。

私も一年目のとき社会人として初めて有給を取得しようとしたとき、上司から言われたことが今でも印象に残っています。

「休みが取れるということは、自分が成長している証拠でもある。なんでかっていうと、仕事を自分でコントロールできているから。いつまでに仕事を仕上げないといけないから、この期間は頑張って、終わったら一日休みを入れる、といったように仕事の量や質をしっかり把握する、つまり自分自身で仕事をコントロールできるようになっているからこそ休みが取れる。休みを自分から申請できるようになったということは、そのレベルに達してきたという証明になる。」

と言われたことがあります。

未だに素晴らしい考えだと思います。

つまり「休みを取れる」ということは、

自分が抱えている仕事の量や質が把握しているからこそできるわけで、

いつまでたっても休みをとれないor適当に休みを取っちゃう職員は仕事を管理しているのではなく、



仕事に振り回されていて、休み明けに忙殺されたり、結局締め切りに間に合わなかったりします。

仕事を振ることを覚えよう!

そして、もう一つ。休みを取ることにで「他人に仕事を振る」ということも覚えることができます。

仕事が続く中でなかなか休みがとりずらいのは理解できますが、そんなことではいつまでたっても休みを取ることはできません。

多少の仕事があっても他の人に仕事をお願いする

ということを覚えて、自分自身が休みが取れる人間関係を構築していくことがとても大切です。

勿論、休みをとることで進めなければならない業務を他人に全投げというのは絶対に避けるべきですが、

  • 送ってもらうべきメール内容を確認してもらう
  • 簡単な商品の発注をお願いする
  • 簡易な打ち合わせに代わり出席してもらう

といった自分でなくてもできるような簡潔なものであれば、思い切って仕事を振ってしまうこともアリです。

そして、隣の職員が休みをとるとき、今度はあなたが仕事を振られる番になります。そこで特に用事がなければ必ず受け取るようにしましょう。

こういった仕事を振る、振られるといった関係性を重ねることで、

職場の信頼関係が構築され、同時に自分自身の評価というのも上がっていくものです。

もし、仕事を誰かにお願いしたところ、

「私はできない」

「あなたの仕事だから、それは違うんじゃない?」

とか言われる職場であれば、上司などに相談して真っ先に改善すべきです。そういう職場で仕事を抱えても、あなたに良いことは全くありません。

部署異動を気楽に待とう!

上の2点はどちらかというと、前向きに今の職場で戦っていく方法でしたが、それでも「少し違うな・・・」と思うことがあれば、部署異動を待ってみることが長期的に見てプラスに働くこともあります。

公務員ほど頻繁に働く畑が変わり、働く人間も変わる職業があまりありません。

今の職場で働いていて

  • 性格上どうしても合わない
  • 仕事の内容がどうしても理解できない

というときは、本質的に今の仕事が合っていない可能性があります。

そんなときでも、大抵3年もすれば異動できるのですから、それまで我慢するという手段もあります。

ちなみに部署異動の希望については、ほぼ通りません。異動というのは個別の人間の要望を叶えるシステムではなく、組織全体がよりよく回るために「適材適所」という言葉を使って人をサイクルさせるシステムです。

逆に言えば、それだけランダム性があるわけですから、新たに自分に合う仕事が仕事のほうから舞い降りてくるかもしれません。公務員の部署異動とはそれが現実です。

職場のイやなあの人も、いつかは異動する

部署異動のもう一つのいいところは、

自分以外の人間も、いつか異動をするということです。

同じ職場で働いているこの人とどうしても合わない

この人と仕事をしているとうまく働くことができない

といった特定の人物との関係性において、仕事に悪影響が出ているということであれば、自分が異動するのを待つほか、相手が異動するのを待つという手段もあります。

以外と一緒に働く人が変わると職場って劇的に変わるものですよ。

良い方向か悪い方向かは別として・・・。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

役所にはいってからちょうど3か月くらいの時期って、

仕事に慣れ始めた半面、自分の担当も与えられたりして「仕事をうまく進めにはどうするか」という新たな課題を持ち始める時期でもあります。

この仕事むいてないんじゃないか?と思ったりすることも出始めてしまいますが、

私の個人的な考えとして、まずは1年その職場で仕事をしてみて、どうしても「違う」ということであれば職場を変えてもらったり転職を考えてみるのもアリだと思います。

ただ、公務員の仕事は本当に幅広いものですから、自分にあった業務もきっとあるはずです。

最初の職場の最初の3か月で躓くのではなく、

長期的にみて自分が働きやすい職場を自分の手で構築してみたり、あるいは待ってみたりすることも検討してください。

-公務員

© 2021 公務員試験に受かる! Powered by AFFINGER5