公務員 公務員への就職

【これってパワハラ?】公務員をやってて遭遇したクソ上司3選

  1. HOME >
  2. 公務員 >

【これってパワハラ?】公務員をやってて遭遇したクソ上司3選



昨今は「パワハラ」という言葉が浸透し、職場でも「パワハラ防止研修」を管理職への研修として義務化する動きもあります。

しかし、表に現れないだけで、職場単体で見ると、まだまだ精神を崩壊させるような変な上司はたくさんいます。


この記事では、私が体験した極悪?上司を3例紹介します。

3つの例いずれでも、自分が実際に対処した方法だったり、こんな対処法いいよね!と思ったものも書きます。

日頃からクソ上司に悩まされていて、どう解決すればいいか分からないという方は参考にしてみてください。

「こんなヤツ本当にいるの?」と思いかもしれませんが、社会とは深淵なる闇で覆われています。

なぜかこういった人たちが人の上に立ち、自分の何倍もの給料をもらっています。


この記事は

  • ひどい上司がいて、悩みを共感したい。
  • 上司に悩まされていて、いい解決方法を知りたい。
  • いい上司に恵まれているが、底がどんなものか興味・関心がある
  • まだ社会に出ていないが、どんなヤバイ世界なのかを知っておくための社会勉強がしたい

などの方にオススメの内容となっております。

スポンサードサーチ

本当にいる?クソ上司3選

①無視系管理職

理由はわからないのですが、ある日を境に無視されました。

その方はすでに退職されてしまったので、今となっては原因はわかりません。

何かその方のご機嫌を損ねる発言があったのか、なぜか自分だけ無視されます。

他の同僚や所属長とは円滑なコミュニケーションがとれているのに・・・。

無視する方は自分の上司の上司でした。つまり管理職的ポジションにいます。

決裁や報告ごとなど、仕事を進める以上、どうしてもその方に報告や、相談をしなければならない場面があります。

しかし、書類を手にデスクに行っても無視されてしまうので、一向に仕事を進めることができません。

そのため直属の上司に仕事が溜まっていき、その上司が手に負えない案件を担当レベルでやりくりするようになってしまいました。

やばそうな案件も自分自身の手で進めることになります。

幸運なことに、何か問題になることはなかったのですが、おそらく何か問題になったとしてもその方はシラを切り続けたでしょう。

結局、その方は退職してしまったので、何が原因か全くわかりませんでした。

何か不快になることがあるのであれば、管理職という立場なのだから一言注意するなり、話し合いの場を設けてくれればいいのに。

むしろそれが上に立つ人の責任でもあると思うのですが。

何度か私のほうからもアプローチをしたのですが、無視されてしまうので、のれんに腕押し。

このタイプの上司の対処法

ただの上司ではなく、管理職だったので、私は所属長に直接無視されている現状を伝えました。

無視されていて仕事に悪い影響が出ている。

また、

自分だけが無視されているので精神的にも居心地が悪い、など

また、言葉で説明しても感情的になりがちで説得力に劣るので、一連の行為を客観的に理解してもらうために、経緯などを文章化し、メールも併せて送りました。

所属長に実情を伝えてからは、担当する係を別にしてくれて私とその管理職が報告や相談などのルートに重ならないように配慮をしてもらいました。

私の対処法が適切だったかはわかりませんが、結果としては会話をする必要がなくなりストレスを減らすことができました。

②重箱の角を突くことに生きがいを感じている系上司〜俺にしか気づけない!〜

その方は起案文書や報告書などの

「本当に」

「どうでもいいところ」を

「何度も」

指摘して事務を遅らせたり、精神的ストレスを与える上司です。

誰がそんなとこ気にするんだ、という些細な文字の修正を執拗に指摘します。

句読点の使い方、言葉の用い方、改行など、指摘するのはそこじゃなくて文章の中身だろ!とツッコミを入れたくなるような細かいことだけをまるで揚げ足を取るかのように赤を入れてきます。

公務員にとって文書の作成は重要です。なぜなら作成した文書全てが基本的に公文書扱いとなり、究極的には開示請求の対象ともなる可能性があるからです。

それに文書作成の規定というのもあり、しっかりした文書を作成することは若手職員にとっては大切なスキルの一つです。

40歳をすぎて壊滅的な文書な方もいるので、正しい言葉の使い方など細かいことを指摘する必要性ももちろんあります。

今回取り上げているのは、

そういった規定にも当てはまらないような細かい点を、くどすぎるぐらい執拗に指摘してくる上司です。

無駄な完璧主義というか、余計なことに時間をかけては赤が入り戻されるので、一向に仕事が進みません。

また、こういった上司は誤りを見つけ、それを指摘することでマウントをとってきます。

業務全体を俯瞰すると、百害あって一利なし。



しかも厄介なことに、この手のタイプは自分が有能だと思い込んでるんですよ。

「ほら、今回もまた間違えている」

「周りのヤツは誰も気付いていないみたいだけど、俺は気付けるんだよな〜、俺にしか気づけないんだよな〜

「ったく、俺が見逃してたら、ここの文字間違ったまま印刷されてたぞ〜、俺は最終防衛ラインかっつーの。

みたいに。


文書が回ってくるたび目をギランギランに輝かせて間違い探しに励んでいるのです。

人の仕事の良いところを見つけるのではなく、粗探しに精を出しているのです。

このタイプの上司の対処法

対処として難しいのは、このタイプの上司が法的には特に問題がない点です。

部下の文書を訂正をしてあげているわけなので、一概に「あなた、それパワハラですよ」とは言えません。

こういった場合は、とにかく受けるストレスを減らすことを心がけましょう。

  • なるべく話さない
  • 近寄らない
  • 話す必要が生じても、最低限な報告で済ませる

とにかく上司との接点を減らすのです。

また、細かい指摘を受けた時も深刻に考えないことです。

正直なところ、言葉の使い方のミスなんて上の役職の人間でも普通にします。

だから修正そのものを気にしない。

また、指摘についても聞くだけ無駄なものについては、別のことを考えながら適当に相槌を打って流しながら聞きましょう。

あまりにも細かすぎる指摘は聞くだけ時間の無駄です。それを真に受けて聞くことも相当ストレスが溜まります。

まともに相手せず、「ああ今日もまた吠えてるな~」ぐらいの感覚で構いません。

③スルー系上司〜俺は責任とらないよ〜

このタイプの上司は、契約内容や仕事の進捗報告など、上司の立場であれば確認、指摘するべきことがらをスルーする上司です。

文書を上司に回しても適当にハンコを押すだけで、特に何も内容を理解しません。

普段の仕事では厄介ごとを何も言われないので気が楽なのですが、上司の立場だからこそのフォローも何もしません。

そして、何か課題が生じたとしてもスルースキルを発揮し、全く味方になってくれません。じゃあなんで上司なんだよ。

通常仕事を進める上では、何か仕事に行き詰まったときには、上司の力を借りて、ものごとを進めていくことは往々にしてあります。

また、重要な業務内容であれば、上司が担当の職員の作成した文書や企画を確認し、精査する必要は当然あります。

このタイプの上司は、そういった職責に見合った管理能力・確認能力がありません。

何か問題が起きた時、内容を報告したり、相談しても「俺は関係ない」的なセリフとともに完全にスルーしてきます。

2番目に述べた、重箱の隅を突く指摘する系上司と組み合わさると、強烈に精神的にストレスの溜まる上司に進化します。

  • 本当にどうでもよいことだけ指摘して、仕事を遅らせ、肝心な中身は何も見ない。
  • 部下に重い仕事を放り、何も責任を取らず、そのくせ上の立場の人にはこびへつらう。

こういう上司、本当多いですよ。

このタイプの上司の対処法

こういうタイプの上司は、本当にストレス溜まります。厄介な仕事は勝手に放られるし、そのくせフォローも何もしない。

人を簡単には変えることはできないので、自分が工夫するしかありません。

起案文書の特に重要な点は「この部分について、確認したいです」といった付箋を目立つように付けて、スルーされない土台作りをしましょう。

「部下がなぜ上司のフォローを・・・」と思うかもしれませんが、そういう人が上司になってしまう体制そのものがいけないのです。

また直属の上司がこのタイプであれば、必ずその上の管理職、所属長に直接確認をしてもらうようにしましょう。

おそらくこのタイプの上司の場合、その上の立場の上司も気に留めています。

何か問題が起きた時、スルー上司がスルーしたら、次に回ってくるのが自分たちだからです。

理由がだいぶ消極的ですが、きっと彼らは味方になってくれると思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

社会経験のない方が見ると、本当にこんなヤツいるのかよ、と思うかもしれませんが、

マジです。全て私の経験した実話です。

民間、公務員問わずクソな上司はいますが、特に公務員の場合は、たいして能力がなくても給料は上がりますし、一度上までいくと、処分事項に該当でもしない限り、降格はあまりありません。

だから変なクセのある上司は多いですし、そのような上司が放置されている現状もあります。

そして、公務員を辞める大きな理由の一つにこうした職場の人間関係がうまくいかない、ということが挙げられます。

確かに何年かいれば異動があるので、人の入れ替わりは常にありますが、入れ替わりできた上司がまともな人とは限りません。

むしろまともでない人が上司になるリスクのほうが高いと思います。

今回紹介した3名は上司・管理職という立場でしたが、先輩や同僚などこのタイプはどの職場にも何人かはいます。

社会に出るということは、こうした人間関係におけるリスクを負うということです。

自分の人生、他人に潰されないよう、自分自身が強くなること。

これが一番大事な考えなのです。

-公務員, 公務員への就職

© 2021 公務員試験に受かる! Powered by AFFINGER5