公務員への就職 公務員試験 面接対策

【結論=遊べ!】公務員になる前に取得する資格とは

  1. HOME >
  2. 公務員 >
  3. 公務員への就職 >

【結論=遊べ!】公務員になる前に取得する資格とは

このブログの対象は、今まさに公務員試験の対策をしている公務員受験生や公務員目指してみようかな・・・と考え始めている方向けの記事です。

また、地方公務員志望で面接対策で自分の市について調べてみようかな・・・と考えている受験生にもおススメです。

公務員を目指す上で何か取っておくべき資格は・・・無い!

公務員になる前に何か資格が必要ですかという話を聞くことが多くあります。

実際に私も入庁前に、仕事についていくためにはどういった勉強を事前にしておく必要があるのかということをよく考えたりしました。

結論として、公務員になる前に特に必要な資格はありません。

強いて言えば、運転免許証ぐらいです。でも運転免許証については、公務員になるという前提以前にあったほうがよいものなので、実質公務員になるために必要な資格はありません。

このブログを見られる方の中には、面接対策などでアピールできる資格とかないかな・・・と考えたりもするでしょう。確かに何かの資格を持っていると自分がアピールできる幅が広がる、というメリットがありますが、

合否を決定するまでの強い要因になることはありません。

資格保持者とそうでない受験生とで合否を分けるものは特になく、

面接内容の出来・不出来のみが合否を分けます。これが大前提です。

それでも、

何か資格を取っておきたい!

面接でアピールできるような経験を何一つ持っていない・・・

という方について、勉強しておいて損はないな、と感じる資格としては、行政書士とかでしょうか。あと、宅建とかも評価はされると思います。

これらは法律資格の登竜門的資格であり、何事も法律に則って事務を行う公務員にとっては、取っておいて損にはならない資格だと思います。

しかし、実際のところそれらの資格が業務に役立っているかといわれれば、ノーです。

私は行政書士も宅建も合格していますが、今までの業務の中でその知識が役に立ったことはありません。そして、周りの声を聞くと、おそらく今後も無いでしょう。

それでも何か勉強しておきたい場合は・・・

では、本当に公務員になる前に勉強しておくべきこととはなんでしょうか。

ズバリ、自分が勤務する土地に関する知識です。

これは非常に役に立ちます。

市役所の職員であれば、

  • 市内のどこに、なにがあるのか
  • 地名はどういったものはあるのか
  • その地名は何と読むのか

上記3つのことを押さえておくだけで、入庁してからの仕事はだいぶ楽になると思います。

私の経験としても、市内の公共施設がどこにあるか、という知識は必須です。

大抵、市の中心に本庁舎があると思うのですが、市域のところどころに出張所があります。市民の最も身近にある行政の施設としてはその出張所であり、本庁舎に勤務をしている場合もその位置関係を押さえておくことは必須です。

市民目線で考えると、

市内のいたるところにある出張所のことを、よく知らない市職員のことを信用できるでしょうか?

出張所は多くの行政手続きを行っており、また、市のイベントのお知らせなどの配布物も大抵出張所に置いてあります。出張所の位置関係や機能を把握しておくだけで、その市における全体象がかなり認識しやすくなります。

もちろん入庁した後に勉強してもよいのですが、受験生の段階で市内の出張所がどれぐらいあるのか、どこにあるのか、まで把握できると、市の仕事もイメージしやすいですし、受験する市をもっと好きになると思います。

またその市の地名を覚えることも後ほど役に立ちます。

「市内いる市民に対して物を郵送する」

「市内のとある場所に住んでいる市民から問い合わせを受ける」

「公用車を使い市内を走る」

と実際の仕事はこういったことは日常的にあります。

例えば、2つ目の市内のとある場所に住んでいる市民からの問い合わせについて、

「〇〇に住んでいるだけど一番近い出張所はどこにある?」

といった問い合わせは多くあります。その際に

〇〇という地名がどこにあるか、そもそも〇〇といった地名について何も知らないという状況ですと、この問い合わせに対しても簡潔に答えることができません。

自分が住む町の地名すらわからないとなると、

その職員に信頼をおくことはできるでしょうか?

これは、メーカーに勤める社員が自分の会社で作っている商品について知識が乏しいのと同義です。

入庁してからでも十分間に合いますが、面接前に自分の市について詳しく知りたい、という受験生がいれば、まずその市の財政状況なんかを勉強するより、地名を覚えましょう。

入庁前に資格はいらない。その代わり自分の時間を楽しもう!

基本的には公務員を目指す上で特に必要となる資格は必要ありません。

よく公務員は仕事がラクだと言われますが、入ってからは様々な部署で仕事をすることになります。

実際に役所に入ってから勉強することが多いので、受験生でいる間はあまり気負いせず、筆記対策や面接の練習などを十分にした上で、残りの時間は自分の楽しいと思うことに費やした方が、人生楽しいと思いますよ。

-公務員への就職, 公務員試験, 面接対策

© 2021 公務員試験に受かる! Powered by AFFINGER5