風俗

独学で試験に合格するための方法3選【宅建、行政書士でも可能】

  1. HOME >
  2. 風俗 >

独学で試験に合格するための方法3選【宅建、行政書士でも可能】



何かの資格を取りたい!というときには、お金に余裕があれば予備校に通うことをオススメします。

取得する資格の難易度にもよりますが、予備校であれば合格者の実績も公表していますし、プロの講師が最短で合格する道を自動的に示してくれます。

一方、さまざまな理由で独学せざるを得ない状況もあります。

独学では、「全て自分の力で勉強をすすめなければいけない・・」とかなりハードルが高そうですが、そんなことはありません。

やりかたを工夫すれば、むしろ独学のほうが費用を安く済ませますし、予備校のカリキュラムよりも短期間で合格することも十分可能です。

実際、私も公務員試験、宅建試験、行政書士試験など、全て独学で合格しました。

この過程で養った、独学で試験に合格するコツを3つにまとめてみました

独学で挑みたいけど続けられる自信がない・・という方はぜひ参考にしてみてください。


【予備校か?独学か?少し迷いがある方は・・・】

予備校へ通うべきか、独学で攻めるべきか決めあぐねているという方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

こちらでは、予備校と独学のメリット・デメリットを示し、自身が置かれている状況に基づき予備校向きか、独学向きかをまとめています。

スポンサードサーチ

独学で試験に合格するためのコツ3つ

①自己管理力を上げる

独学の最大の敵は自分自身です。これは間違いありません。

使用するテキスト、勉強場所、勉強時間など全て自分で決め、自分の意思で勉強を始めます。

これだけ聞くと格好いいですが、どれだけサボろうが自分の勝手です。

予備校でも授業をさぼろうと思えばサボりますが、独学のほうが圧倒的にサボりやすい環境にあるでしょう。

こういう環境において、自分を管理する方法としては、

  • 1日、テキストの○ページ進めよう!
  • 1日、問題○問を解こう!
  • 1日のうち○時間、スマホの電源を切り机に向かおう!

といった目標を具体的に決めましょう。「1日」と「具体的に」という点がポイントです。

あいまいな目標ではダメです。

たとえば「1日100問ぐらい問題を解こう」の「ぐらい」は邪魔です。

必ず具体的に目標を決め、それを毎日達成します。具体的に目標を決めないと、人間の脳はラクをしようとするからです。

100問「ぐらい」だから90問でいいや、という考えの元、勉強を1週間続けたら70問の差が出ます。1ヶ月だと約300問近く差が開くでしょうか。

こうした目標の未達成が長期的に見ると大きな「差」となります。

1日ごとの目標をはっきりと明確化することで、絶対にこの量を終わらせなければならないという簡単なプレッシャーをかけ、継続的に学習を進める環境を自分自身で作り上げるのです。

②必ず休みを設ける

勉強を継続させるためにも、しっかりと休みを入れることも大切です。

1日ごとに明確な目標を立てようと述べましたが、毎日やっているとパンクしてしまうこともあります。また、勉強を継続するためには、リフレッシュも必要です。

その人のスケジュール感にもよりますが、1週間単位で最低1日はオフの日を入れましょう。

その日は机に向かわず完全に勉強から離れ、脳や体を休ませます。

経験上、毎日ぶっ通しでやるよりも、完全オフの日を挟んだほうが頭への入りもいいですし、モチベーションの維持につながると思います。

③「最短で合格する!」と決意する

  • 勉強がうまく進まないとき
  • 結果がでないとき
  • 仕事で嫌なことがあったとき

こういった、どうしてもやる気が出ないときも勉強しなければならないこともあるでしょう。

私も経験ありますが、こういうときは勉強へのモチベーションが上がりません。

しだいに「お金もそこまでかけてないし、ここで勉強を辞めてもそこまで大きな影響がない」という気持ちになり、勉強から脱落します。

独学が続かない多くの理由はここなのではないでしょうか。

独学で挑む場合、精神論的ではありますが、「やるからには最短で合格してやろう」という気持ちを持ちましょう。

予備校組よりもお金をかけず、短期で合格すれば圧倒的にコスパがいいですし、自分の力で合格できたという達成感を味わうこともできます。

こうした強いモチベーションを心のうちに秘めておくことが継続のコツです。

まとめ

独学のコツをご紹介しましたが、やりようによっては自分の力で予備校組よりも安く短期間で合格できるというところに独学の醍醐味があります。

もちろん予備校には予備校なりのメリットがありますが、この醍醐味はやはり独学でしか味わえないものであり、合格できたときの喜びも大きいでしょう。

経験上、行政書士試験ぐらいまでであれば、完全独学でも十分合格できますので、ぜひトライしてみてください!

-風俗

© 2021 公務員試験に受かる! Powered by AFFINGER5