風俗

行政書士試験に合格する勉強方法について(決定版)

  1. HOME >
  2. 風俗 >

行政書士試験に合格する勉強方法について(決定版)



自分の直接の体験として、行政書士試験に受かるための分析などを記します。

「決定版」と題していますが、いろいろ勉強方法がある中、最終的には多分全てはここに行き着くと思います。

行政書士試験は

①「記述式の合格レベル以上の点数確保」

②「一般常識の足切り回避」

③「行政法における確実な正答率」


この3つをしっかり準備・対策していれば、合格率はグッと高めることができます。

スポンサードサーチ

行政書士試験に受かる3つの原則

1.「記述式の合格レベル以上の点数確保」

まずは、記述式の点数確保についてです。

記述の得点は選択式に比べとてつもない比重を占めるので、そもそも記述式のできが壊滅だと合格から遠ざかってしまいます。

それぐらい記述式の出来ってこの試験において重要なんです。

行政書士試験の記述問題のレベルとしては、行政法、民法共に基本事項しか問われません。

ですので、記述式の問題集の主要論点をしっかりマスターしておくことが鍵です。

また、必ずその問題集の答えを見ながらでも結構なので、自分の手で書くことが大切だと思います。

実際に自分の手で書くのと、ただ回答を頭の中で思い浮かべることは大分違いますよ。

書くことで主語と述語の関係性とか把握できますし、一つの回答をするのに、大体どれくらいの時間がかかるのかという時間の計算もできます。

この試験時間というのも結構ネックで、感じ方は人それぞれだと思うのですが、自分は結構焦ってました。というのも、点数配分のずば抜けて高い記述式で点数を確保するため、消しゴムで消したり、先ほども書いた主語と述語の関係性とかを気にした結果何度も推敲したりと、大分余計な時間を費やしてしまった結果、試験終了1分前ぐらいに全ての回答を終了させたという記憶があります。

当然他の解答の見直しをおろそかになり、自信をもって試験を終わらせることができませんでした。

自分は運よく合格することができましたが、

記述式で出題される文字数を満たすためにはどれくらい時間がかかるのか?

を事前に把握しておくことは非常に重要です。

自分の合格した試験本番では、場記述式を合格水準以上の点数をとっていない限り合格ができないというボーダーライン上にいました。

一応模範解答はでるので、自分の解答が的を得ているかどうかは確認ができるのですが、どのくらいの点数を確保できているのかは実際の採点者でないとわかりません。記述式がうまくできていないと、精神的にも不安になります。ですので、バッチリ対策しておき、自信をもって解答できていれば、こういった試験後の憂鬱も解消されるでしょう。

2. 「一般知識の足切り回避」

「一般知識の足切り回避」ですが、行政書士試験に負担なく合格する戦略としては、一般知識への対策に時間をかけるということはあまりオススメできません。

一般常識の出題傾向として、実際に試験会場にて考えないとわからないような問題が出題されることもザラにあります。

対策としては市販の問題集や時事問題などにアンテナを張っておく、ということしかできません。これ以上一般知識に足を突っ込むと、勉強範囲が膨大になる上、リターンも大きくはないので、はっきり言ってコスパが悪いです。

このように、勉強量と点数が中々結びつかない科目のため、足切り回避という感覚で試験対策するのが好ましいでしょう。

具体的な試験対策としては、市販のテキストと問題集・過去問を押さえておくだけで結構です。合格する受験生も一般知識に関してはそのぐらいしか対策してませんから。

3.行政法における確実な正答率」

行政法における確実な正答率」です。

行政書士試験において、最も出題数が多いのが行政法です。

当然行政法の問題に対する正答率を上げことは合格に直結します。

出題傾向としては、実は問題レベルがあまり高くなく、出題パターンも大体似通ったものが多いため、勉強時間の大半は行政法に注ぎ込みましょう。合格する受験生で行政法が取れてない人はいません。逆に言うと、行政法の取りこぼしは、不合格に直結するということです。

対策としては、個人的には行政法のテキストをしっかり読み込むということをオススメします。

過去問を中心に勉強するという伝統的な手段もあるのですが、行政書士試験のレベルになると、訴訟法の根本的な理解が必要となり、テキストなどで基本を把握しておかないと、あとあとキツくなります。

テキストor基本書で行政法と全体像を頭にインプットする⇨過去問を中心に学習する⇨分からない部分を再度テキストor基本書で確認

という勉強スタイルが良いです。

行政書士試験において行政法はできれば満点に近いレベルを目指すことで合格に相当近づくので、これぐらいの投資は必要です。

終わりに

自分が合格した試験を振り返ると、この記事でポイントとして挙げた、

①記述式問題への対策

②一般知識への取り組み方

③行政法への投資

これらはマジで大切です。自信をもって合格できている方は、絶対にこの3つもできています。

闇雲に勉強して受かるような試験ではありません。

戦略をしっかり意識した上で勉強に臨めば、合格までは一気に近づきます。

-風俗

© 2021 公務員試験に受かる! Powered by AFFINGER5